狭いオフィスのストレスを解消! 【工夫とレイアウト事例も】

毎日長時間を過ごすオフィスで快適に過ごせていますか?
特に狭いオフィスで働いている場合は様々なストレスを抱えているのではないでしょうか。

本記事では、オフィスが狭いことのデメリットから快適に過ごすための工夫やそのメリットまでを詳しく解説していきます。

狭いオフィスを有効活用するためのレイアウト事例を参考に快適なオフィス環境を作っていきましょう。

狭いオフィスの基準

一般的には、オフィスの1人あたりの面積は2~4坪程度が理想とされているため、それ未満しかない場合は狭いオフィスと言えるでしょう。

またパーソナルスペースの観点では、職場の同僚や取引相手などに適応される社会距離は約1.2m~3.6メートルと言われています。手を伸ばして同僚に触れるような場合もまた狭いオフィスに当てはまります。

オフィスが狭いことによるデメリット

心理的ストレスが増す

狭いオフィスでは、職場のデスクが隣り合わせで、近い距離で常に顔を合わせることになるため、落ち着かずにストレスが溜まり、対人関係が悪化するケースもあります。

生産性が低下する

狭いオフィスでの業務は、生産性の低下につながります。

デスク周りに書類やモノが散乱しているため、作業に集中できず、余計な時間がかかってしまったという経験はないでしょうか。

プライバシーが欠如する

狭いオフィスでは、プライバシーの確保が困難です。

常に同僚や上司が近くにいて、自分のPC画面が見られているのではないかと不安になった経験はございませんか。

コミュニケーションに障害が生じる

日本オフィスユーザーズ協会によると、人と人の距離が適切でない場合、コミュニケーションが取りにくくなり、情報共有や意見交換がうまくできなくなることがあると報告されています。

実際に、「聞きたくない話が聞こえる。人に聞かれるから話したくても話せない」という建研をしたことはありませんか。

健康に悪影響

狭いオフィスは、健康に悪影響を与える可能性が高まります。

オフィスが狭いとストレスが生じ、それが原因で肥満、心臓病、うつ病などの病気を引き起こす可能性も高く、空気が蒸れやすいため感染症リスクも上がります。

狭いオフィスに必須のアイテム

コンパクトなデスクやチェア

狭いオフィスで作業する場合、広々としたデスクや豪華なチェアを使うことはできないため、コンパクトなデスクやチェアが必要になります。

座面が広い大型チェアは、机との間に隙間ができやすく、オフィススペースの有効活用ができなくなります。

収納グッズ

狭いオフィスでは、スペースを有効活用することが重要です。

収納グッズを上手に活用することで、書類や資料などを効率的に整理整頓することができます。また、無駄なものを減らし、スッキリとしたオフィス環境を作ることで、集中力が向上するという研究結果もあります。

多機能な家具

限られたスペースを最大限に活用するためには、多機能な家具が必要です。

たとえば、収納機能を備えたデスクやチェア、書類を収納できるファイルワゴンなどが挙げられます。これらの家具を活用することで、オフィス内のスペースを有効に使い、スッキリとした印象を与えることが可能です。

パーテーション

プライバシーを確保のためにはパーテーションが必要です。狭いオフィスでは、周りの人の音や動きが気になり、集中力が散漫になることがあらです。

実際、日本オフィスユーザーズ協会によると、パーテーションがあるオフィスは、集中力が維持され、生産性が向上するとされています。

グリーンや観葉植物

狭いオフィスでもグリーンや観葉植物を取り入れることで、2つの効果が期待できます。

ストレスレベルを下げ、心拍数や血圧を下げる効果
空気が浄化され、酸素濃度が高まるため、脳の働きを活性化する効果

狭いオフィスを快適にするための5つの工夫

導線を考慮したレイアウトの検討

狭いオフィスのレイアウト設計では、効率的な動線を作り、スペースを有効活用することが重要です。

効率的な動線を作ることで、スペースの有効活用ができるため、狭いオフィスでも快適に仕事ができます。

レイアウトの見直しについて相談する

収納スペースの最適化

狭いオフィスで働く場合、収納スペースを最適化することが重要です。

なぜなら余分な物が無く整然とした状態を維持することで、心理的なストレスを軽減し、生産性を向上させることができるからです。

照明の設計

狭いオフィスで快適な環境を作るためには、適切な照明の設計が必要です。

照明が合っていないと肩こりや眼精疲労につながるとも言われています。

間接照明や調光機能を備えたLED照明を使用することで、狭いオフィスでも明るく開放的な雰囲気にしましょう。

テクノロジーの活用

テクノロジーを活用することで、狭いオフィスでも効率的に仕事を行うことができます。

実際に、クラウドサービスやデジタルツールの普及により、オフィスの業務プロセスが大きく変化しました。これらのテクノロジーを上手に活用することで、狭いオフィスでも情報共有やタスク管理、コミュニケーションなどがスムーズに行えるようになります。

オフィス内の色の工夫

オフィス内の色は、従業員のストレスレベルやパフォーマンスに影響を与えることがあります。適切な色の使用は、従業員の生産性と幸福感を向上させることができるのでぜひ取り入れてみましょう。

青色:集中力を高める効果
赤色:エネルギーや情熱を引き出す効果
緑色:目に優しくリラックス効果
黄色:創造性を引き出す効果

狭いオフィスの改善による5つのメリット

生産性が向上する

狭いオフィスの改善によって、生産性が向上することが確認されています。オフィス内の環境が改善されると、従業員がより集中できるようになり、業務効率が上がるためです。

従業員満足度が向上する

狭いオフィスを改善することで、従業員のストレスレベルを下げることができ、結果として従業員満足度向上します。そして満足度が向上することで退職率の低下にもつなげることができます。

企業イメージが向上する

狭いオフィスの改善は企業イメージにも影響を与えます。より快適で使いやすいオフィス環境をつくることで従業員やクライアントに対する印象が良くなります。

たとえば、株式会社サイバーエージェントは、従業員のストレス軽減やワークライフバランスの改善を目的に、オフィス内に心地よい空間を提供することに注力しています。その結果、同社の従業員満足度は高く、優秀な人材の獲得にも成功しています。

従業員の健康が改善する

前述した通り、狭いオフィスは、従業員の健康に悪影響を与えることがわかっています。

狭いオフィスを改善し、快適な勤務環境を整備することで、従業員の健康が改善されるというメリットがあります。

狭いオフィスを改善する5つのステップ

問題箇所の洗い出し

まずはオフィス内の問題箇所や改善すべきポイントを洗い出しましょう。

その際は、従業員からの意見やフィードバックを取り入れて、従業員のニーズを反映したオフィス環境を作り上げていきましょう。

アイデア出し

次に、改善策を考えるためにアイデア出しを行います。

複数のアイデアを出し、比較検討することで、最適な改善策を選ぶことができます。

予算の設定

アイデアが出たら、必要な予算を設定しましょう。

予算を明確にして、無駄なコストをかけることなく、最適な改善策を実施しましょう。

業者に見積もり依頼

予算が決定したらいよいよ見積もり依頼です。複数の業者に見積もりを依頼して最適な業者を選びましょう。

スケジュール策定・実施

会社の行事や業務内容を考慮し支障が出ないようにスケジュールを策定しましょう。

狭いオフィスを改善したい!相談はこちらから

狭いオフィスを広く見せる4つのコツ

スペースの有効活用

狭いオフィスの中でパーテーションを使いすぎると、より一層狭い印象が強くなってしまいます。このようなキャビネットで仕切りの役割も果たしつつ、おしゃれで落ち着いた雰囲気を演出し、閉鎖感を与えることがありません。

収納スペースの最適化

導線を整えるために収納をうまく活用した良い例です。また、白を基調とした内装にすることでオフィスを広く見せる効果を出しています。

自然光の活用

太陽の光を多く取り入れることができる窓際にデスクを設けることにより、光が遮られず開放感のある空間に仕上がっています。

壁や床を白でコーディネート

オフィス内のインテリアが白だけになると寂しい印象を与えがちですが、黒い窓枠がオフィス全体をシックにまとめています。

オフィス移転という選択肢も

オフィス移転とは?

オフィス移転とは、単なる引っ越しではなく、企業の成長戦略に関わる重要事項です。

現在のオフィスで抱えている課題を解決し、従業員のワークライフバランスを改善するためにも重要な戦略に位置付けられています。

オフィスの移転のメリット

オフィスを移転することで、狭いオフィスのデメリットの多くを解決することができ、会社の成長や競争力の強化につながります。

オフィス移転のメリットは次のようなことが挙げられます。

新しいオフィスによるブランディング効果
社員のモチベーション向上
新しい設備・機器による省エネ効果
賃料の削減

オフィス移転の流れ

オフィス移転は、多くの手続きが必要で、複雑なプロセスを経て行われます。以下では、オフィス移転の流れの概要について説明していきます。

これさえあれば!の「オフィス移転マニュアル」

現状分析と要件定義

まずは現状のオフィスの課題を把握し、新しいオフィスで実現したい要件をまとめ、オフィス移転の計画を立てましょう。移転目的や予算、期限などを決定することが重要です。

その際は、従業員の意見を取り入れて計画に盛り込んだ方が良いでしょう。

物件探しと内見

物件探しは、オフィス移転先の条件や予算に応じて、適切な業者を探しましょう。必ず内見をし、比較検討したうえで決定しましょう。

物件契約

物件の申込をする際は、入居希望条件を明確にし優先順位をつけて交渉するようにしましょう。契約書の内容は必ず確認をし、合意した内容が正しく反映されているか、極端に不利な文言がないかなどを確認するようにしましょう。

内装構築

内装は会社の理想や理念、働き方を反映させやすいポイントです。しっかりとイメージを空間づくりに反映させましょう。移転先のオフィスの内装デザインは、社員の働きやすい環境を作り出すためにもとても重要です。予算や期限も考慮し、構築を進めましょう。

オフィス移転の相談をする

オフィス移転の費用と節約方法

移転費用の概算

オフィス移転の費用は、移転先の条件や移転物件の種類、内装工事の内容などによって大きく異なりますが、一般的には数百万円から数千万円になることが多いです。

移転費用の節約方法

オフィス移転費用を節約する代表的な例は以下の通りです。非常に重要な項目ですので、じっくり時間をかけて決めていきましょう。

居抜き物件を検討する
転居先ビルのグレードやエリアの見直し
フリーレントの交渉をする
複数の業者で比較検討
旧オフィスの什器を再利用する

オフィス移転の注意点

オフィス移転には多大な費用がかかるため、その負担を減らすためにも十分な準備が必要です。次の点に注意して計画を立てましょう。

移転先の立地や周辺環境を確認すること
移転先の広さやレイアウトを考慮すること
移転先の契約内容を十分に理解すること
スケジュール管理を徹底すること

1.1  オフィス移転の成功の秘訣

オフィス移転は多くの企業にとって、大きなプロジェクトの1つです。移転を成功させるためには、業者選びが極めて重要で、選び方次第で移転作業の成功や失敗が大きく左右されます。信頼性や実績の有無、スキルや知識のレベル、費用やスケジュールなどを慎重に検討して、適切な業者を選びましょう。

オフィス移転なら居抜きもおすすめ

居抜きとは

居抜き(いぬき)とは、前に借りていた企業の内装やレイアウト、設備などを後継企業が引継ぎ、入居または退去することです。

居抜きのメリット

入居側、退去側双方に大きなメリットがあります。

居抜きオフィスへの移転なら「HATARABA居抜き

HATARABA居抜きは国内最大級の居抜きマッチングサイトで、その物件の豊富さから高いマッチング率を誇っています。費用を抑えてオフィス移転したい場合は積極的にご活用ください。

まとめ

今回は、狭いオフィスを改善する方法についてお伝えしてきました。狭いオフィスには、デメリットがたくさんあり、心理的ストレスや生産性の低下など、会社の成長を妨げる要因が多くあります。

しかし、適切なアイテムの導入やレイアウトの最適化など、工夫次第で快適なオフィスに改善することが可能です。

それが、生産性の向上や企業イメージの向上などにつながります。レイアウト事例なども参考に。ぜひ、狭いオフィスでも快適に過ごせるように試してみてください!

そして、将来的にはオフィスの移転も視野に入れてみるのもよいでしょう。

特に費用面を重視して移転先を検討している方は、「HATARABA居抜き」にオフィスの写真を掲載してみることから始めましょう。

一覧に戻る

お客様に
「最高のオフィス移転体験」を

オフィスのことでお困りごとがあれば、
お気軽にご相談ください。

採用情報

株式会社HATARABAでは「人は財なり」の考えのもと、会社は第一に社員の為にあると考えて創業されました。
努力できる社員が報われる会社であり、社員の夢を実現できる会社でありたい。
そんなHATARABAで、働いてみませんか?

採用サイトはこちら

お問い合わせ

お客様に最高のオフィス移転体験を
無料相談・お問い合わせなどお気軽にご相談ください。

03-5464-1315

平日 9:00〜18:00

              お問い合わせフォーム

×
ページの一番上へ